南千歳観察帳

twitter@minkai

えっちなお店に行ってきた

2016年9月某日、週末の名古屋は雨だった。

きっかけは前の週の飲み会での会話だった。

「風俗とか行かんの?」

「いや、なんか機会がないのとよくわからんくて行ったことない」

 職場が変わって名古屋に飛ばされ、週末は市内をウロウロしていたが最近マンネリ感というか、何して遊んだもんかなーとなっていた。

 だからこの間の連休で東京に飲みに行ったわけで、それからまだ1週間程度しか経っていないが行くなら早いほうがいい、俺は風俗に行く事を決めた。


 前日夜、ネットで店を調べ安すぎても不安だし高いのもそんな出せんしと店を決めた(所謂箱ヘル)。

 用事と昼食を済ませいざ行かん。

 ……店の近くまで来たものの踏ん切りがつかない。 喫茶店に入ったりして2時間はウロウロしていた。

 雨だが傘を持ってなかったので雨宿りしながらウロウロウロウロ……チャラいにーちゃんの「キャバクラいかがっすかー」目線を外しスルー。

 流石に時間がもったいなさすぎるし行くぞ行くぞ俺は行くぞと店に行く、と思ったら前歩いてた兄ちゃんも目当ての店同じかよってなって時間空けて突入。 入り口でつまづいた。

入店して予約してないこと、初めて来たことを伝えるとカーテンで覆われた部屋に通される。

 なんだかオシャレな音楽が流れてるが気が気でない。

 数分後、店員がカーテンを開け写真を持って来た。

 コースの説明と嬢を選ぶフェイズ、俺は右の写真を選び金を払いアンケートを記入。

 トイレに行った後、別の場所で再び待機。

 準備完了で呼び出され、部屋へゴー。


ベッドに座って待ってると、写真の子が入ってくる。 明るい茶髪のショート、緑の丈の短いワンピース。 でもこれ貫頭衣にしか見えなかったんだよね。

初めての旨を伝え、お任せでーとプレイ開始。とりあえず服脱ぎますかー、シャワー浴びますかー。 両者無言で淡々と服を脱ぐ。

シャワー室に入るなり、これがかの有名なスケベ椅子! と謎の感動に浸っていた。 対面で洗ってもらうが、人に触られるのって慣れないなぁという感じだった。

シャワーを出て、ベッドに仰向けになる。 「リードしますねー」「お願いしますー」

モノを握られながら乳首を責められる。左乳首を舐め、右乳首を弄られ、竿を刺激される、バキバキになる、これが魔のトライアングル。

その後に口でされる、これが微妙だった。こんなもんかみたいな。

「素股しますね」「お願いしますー」

ローションを塗りたくられる、これがあったかくて良い。 上に乗られて動かれた、うーん……なんか向こうは声出してるけどそうでもなくね? でもなぁ、なんか悪いなぁ……みたいな。 ピンと来なかったのでその間足とかおっぱいとか触って、なんか毛がチクチクするなーとか、おーやわらけーとかしてた。

ローション追加の後に素股疲れた宣言が出され、手でするのが一番良かったと手でしてもらった。 しかし出ない。 いつまでも出ない。 こんなに出ないもんだっけ? まぁ緊張もしてるしな。 しかしタイムリミットがいつなのかわからんが、出さないのはもったいないしなんか悪いしどうしたもんか。 気合いを入れて意識を股間に集中集中アンド集中、そして発射。 勢いよく飛び出たら俺の首元まで飛んできた。 よく飛んだねーとのこと。

拭いてもらってシャワー浴びて服を着た。

 趣味の話とか天気の話とかしてタイムリミットを迎え、お疲れ様でしたーと退店、喋るの難しい天気の話が一番安定。


 面白い経験になったとニヤけながら店を出て、一人反省会が開始された。

まず好みの容姿からは外れていた点、これはしょうがない。予約するとか早く行くとかしましょう。

思ったより物理的刺激が弱い、これは俺の永遠の恋人であるところの右手が悪いことで全会一致。気をつけよう。

緊張を通り越して冷静になっていたのも楽しめてない原因だったのでは、と。

演技でもいいので向こうのリアクションというか、エロ漫画でもなんでも女の子側のそういうのが見たいってなってるのでそこは面白くなかったかなみたいな感じ、向こうがノリノリで来られたらもうちょっとなんとかなったところもあるかなぁと、当然俺も悪い。


とても勉強になった結果、転職して彼女作るのが正しいんでないかこれ? ってなってしまった、面白そうな話待ってます。


追記

おさみる氏の男の娘風俗レポには逆立ちしてもかなわないと思いましたあれすごい……

MHX始めて1ヶ月ちょっと経った

 

 Amanda氏のブログに触発され、昨年12月に購入し、1月末に上位に上がった。

 そして今日上位のオストガロアを倒してHRを開放した。

 

 

 

 始めた当初は「ソロでできるだけやろう」と中途半端に高い意識と微妙なプレイ頻度でやっていた。

 実際村のオストガロア(訂正:オストガロアじゃない四天王のやつだ)とシャガルマガラを終わらせたところまではソロのやる気は十分だった。

 

 が、いざ集会所に手を出すと時間がかかってしゃーない。村だと15分かからないで終わるのが倍以上かかるとなると流石にだるい、時間に対して報酬が合わないと感じ始めた。

 それでもHR3に上がるまではほぼソロでやっていた(2,3クエだけ一緒にプレイしたりはしたが)。

 野良や知人の手を借りることにした、事実上の寄生である。

 どうせ村も集会所もそのうちクリアマークつけるなら上位で手に入れた楽な装備でやればいいじゃないか、ますます寄生根性が丸出しになっていく。

 

 下限HRの設定と討伐対象やクエの名前をきっちり書いて部屋を立て集まったら出発。そのクエしかやらない1回限りの部屋のつもりで立てているので、気が楽といえば楽。FF14のコンテンツファインダーのような使い方だ。

 誰かが乙る分にはさほど気にならないのだが、自分だとだいぶツライということがわかった。

 

 こうして、部屋を立ててはプロハンが来るのを期待し、同ランクが2,3人集まっては出発、クリアを繰り返し、HR開放まで至ったわけだ。

 

 とりあえず行けるところが増えたので、お守り掘ったりクエやノートを埋めつつ装備をなんとかしたい感じで続けている。

 チャットが慣れないので触発された割に喋っていないが……

 

 弓メインであまり上手くはないがどこか連れてってくれると嬉しいです。

 

【映画】2015年に観た映画まとめ

 

 意見には個人差があります!意見には個人差があります!(さだまさし風)

 

 1月

 ・劇場版PSYCHO-PASS サイコパス

  テレビシリーズよりも、アクション娯楽映画性が高くなっているように感じた反面、緻密なシナリオという印象は薄まった。

 一係と狡噛慎也の関係の区切り、豊富に出てくるドミネーターを始めとしたガジェットが魅力。

 

 3月

 ・スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

  春のオールライダー映画、平成ライダーのオリジナルキャストの登場が見どころ。特にファイズが好きなので、ここ最近の半田健人氏出演はとても嬉しい。

  4号へと続く物語なのでこれだけで完結、と言い切れないところが欠点か。

 

 6月

 ・ラブライブ! The School Idol Movie

  テレビシリーズ2期から続く劇場版。一番の見どころは新曲とそれに合わせたダンスシーンだ。シングルのPV、テレビシリーズを超える映像で、順に見ると間違いなくその進化(特に3DCG部分)に驚くだろう。

  シナリオに関してはどうしても、2期がテレビシリーズとしてのオチとして弱かったことを、必死で言い訳して尻を拭っている印象を受けてしまう(2期が劇場版ありきでスタートしているというのは考慮しません、オチを外に持っていくのは一つのパッケージとして不完全だと思うからです)。個人的には2期はキッチリ終わらせた上でやって欲しかったので残念に思う。

 

 ・マッドマックス 怒りのデス・ロード

  生きること、戦うことを強烈なビジュアルのキャラクターとサウンドで描いている。コレを見たあとは確実に運転が荒くなるだろう。

  大きく音を出せる環境で観るのが吉。

 

 7月

 ・アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

   アベンジャーズの2作目……だが、事前にキャプテンアメリカ ウィンター・ソルジャーを観ておくのが良いかと。

  ハルクバスターがとてもかっこよかった。

 

 8月

 ・ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

  2回観ました。前作に比べると多少地味であり、またチームメイトはイーサン好きすぎるのでそこが鼻につくが、アクション・ガジェット・カーチェイスとかっこよく仕上がっている。

 

 ・手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖

 ・劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー

  同時上映。ニンニンジャーはテレビシリーズと同様、楽しい映画になっている。

  仮面ライダードライブは、強敵との戦いと敗北、仲間との絆や新たなフォームの登場と、きちんと盛り上がりかっこよく魅せてくれる映画だ。

 

 ・テッド2

  (恐らく)予算が増えたぞ!!!というのがとても伝わってくるという感じで、前作より派手になった。

  あのマリファナ吸ったり下ネタ連発ノリを観に行くのでそこは割と満足できるが、シナリオは前作の方がまとまっていたように感じる。

 

 11月

 ・ガールズ&パンツァー 劇場版

  2回観ました。廃校を蒸し返したのは微妙かなというものの、キャラクターの可愛さや戦車のかっこよさは、テレビシリーズとOVA以上のものになっていると感じた。

  強敵に対し、これまで戦ってきたライバルと共に立ち向かう展開はベタだがとても盛り上がる。西住姉妹の描写が増え、それがクライマックスを更に盛り上げていく。

  大画面で大きい音出してナンボの映画なので(この辺はマッドマックスに通じる)、家で観ると「ここまで『ガルパンはいいぞ』って言われる理由がわからない」となるかもしれない。上映中のうちに是非。

  

 

 こんな感じで映画館で観たのはこんなもんで、家だともうちょっと観てます。

 今年はシビルウォーあたりが楽しみですね。

 

 

【プラモデル】IV号戦車組んだ

 

 

 戦車のプラモデルを初めて組んだ。 IV号H型。

 15年くらいガンプラしか組んでなかったが、あまりにもガルパン映画が面白くてアマゾンビデオで延々テレビシリーズとOVAをループしモデグラも買ったしせっかくだからこの機会に戦車を組んでみようと思ったのだ(が、ガルパン箱ちょっと恥ずかしいのでタミヤのを買った。 劇中車再現する気はなし)。

 それぞれパーツを組み、スプレーで塗装、組み上げ、最後にトップコートを吹いたくらい。

 迷彩を塗れるスキルはないし、カーキよりグレーが良かったのでジャーマングレーで塗装した。

 

 初めて組んで「思ったより難しくない」「塗り分けやめたほうが楽(当たり前だ)」「シュルツェンはめんどくさい」という感じだった。

 最近のガンプラしか組んでこなかった上、接着剤使うとかもしてなかったのだが、やってみると意外とサクサク組めて形になっていくのが面白かった。 多分この調子で航空機も組めると思うのでやってみようと思う。

 車外装備は塗り分けようと思っていたが、最後組む段階で塗料落ちるわ上手く接着できないわと面倒だったし見栄えが悪くなってしまった。 慣れてない内は諦めて細かい塗り分けはやめ、後から載せるのが楽だったり、パーツの大きいとこくらいにしてバシバシ組んでしまうのが良いと思う。 瞬着使えば接着事情は変わるのかもしれないので、そこは次回試してみるつもりだ。

 シュルツェン及びシュルツェン架の接着がめんどくさかった。 D型にしようと思ってたが売ってないのでH型を買った結果である。 特に砲塔のシュルツェンが上手いことつかなくて参った。 車体への加工もちょっと増えるし、塗り分け後の車外装備の接着がしにくくなるが、全体のシルエットがすっきりするので組んだ感じ悪くはない。

 

 たまにキャラクターモデル以外を組むのも良いなぁと思ったし、機会を見つけて新しいものに挑戦するのも楽しい。

 そしてなにより、ガルパンはいいぞ。

 

 

【ToS】CBTストレステストに参加した

 

 ROの後継と言われている

Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)公式サイト

のCBTストレステストに参加した(リンク先音出ます)。

 CBTができるか抽選時点ではわからなかったので応募してなかったのだけど、ストレステストはアカウント持ってる人なら誰でもできるということで。

 

 面白いです、時間溶けます。

 ジャンプできます(個人的に重要)。

 あと吉田シャウトはあります。14じゃねえぞここ!

 

 自分はROは殆どやってないので(国際鯖で何時間かだけ)どの程度の差があるかはわからないのだけど、さほど親切なゲームではない。

 FF14ならサブクエストを受注するNPCにアイコンが出てるけど、そういうのはあまりなく、自分でNPCに話かけるとサブクエが受注できたりする感じ(受注後の目標にはアイコンが出る)。メインクエは誰々に話しかけてっていうのにはアイコン出てるのでさほど迷わないかなと、というか常に受注してる状態と変わんないから出るんだなコレ。

 とにかくモブをがしがし狩ってレベルを上げるゲームで、レベル上がったり装備整えたりが楽しい、まぁこれはつらくないストレスで強くなってる実感が得られる間はどのゲームでもそうなんだけど。

 ステ振りスキル取得の自由度は割と高い(まぁベータでどうせ残らないので割と好きにやってもいい前提ではある、シャウトで地雷になりたくないからステ振り教えてくれって人はいたけど)。型がいくつかできて、装備とかに合わせてその辺が自由に振り直したりできればいいのかなと。

 職のランクが15になると転職できるが、同じ職選んでもいいというのが割と面白いと思った、スキルレベルの上限が上がるので。上級職になると衣装がもらえるが、戦闘のこと考えるとガンガン転職して多数のスキルをガシガシ使う運用はSPの関係でまだ難しいと思う。ゴールや触り心地で決めてやる感じ。

 グラフィックとかは割といいんじゃないかなと、かわいいし。

 経験値をもらえるカードというのがサブクエの報酬でもらえて、これでボス戦中にレベル上げてHPとSPを回復してってことをしたりしていた。

 

 割と延々できてしまって楽しいゲームだが、まぁ欠点もある。

 ストレステストだからラグとか固まったりとかはしょうがないけども、勝手に武器が外れるのは割と参った。装備解除攻撃とかではないと思うんだよなぁ。

 チャット周りは完全にクソで、わかりにくいし、喋りにくい。正式稼働までになんとかしてほしい、不具合ではないので。FF14のチャットシステムがめちゃくちゃ良くできてたのを実感する。

 パッド対応で、XHBみたいなのは積んでるので移動や戦闘みたいなのは特に問題はないしむしろ快適だが、装備の切り替えとかのメニュー操作等はパッドで完結しないので、もうちょっとやれること増やしてくれると楽かなぁと。自分は360のコントローラーでプレイしていた。

 ポーション類が死んでないのは良いのだが、SPがポーション飲まないとサッパリ返ってこないのでクールタイム中延々とペチペチ通常攻撃だけを繰り返すのはちょっと派手さに欠けるなぁというか、通常攻撃でSPをちょっとずつ回復できればいいのになぁと。この辺は赤石のシステムが好みだったし、FF14もTPの自動回復・スキルで回復というのが上手く回っているように感じた。ただステータスをSP極振りしたらもうちょっとまともに動くのかもしれないので触っていない以上なんとも言えないところはある。

 

 

 ともあれローンチしたらやりたいんだが多分しばらくは時間ないので、時間できて始めたら構ってください。多分レンジャーとかローグやります、弓と短剣好きなんだよ!

 バトルシステムの触り心地がもうちょっと良くなると今のところ割といい感じの弓ゲーになる感じがするので頑張って欲しい。14ちゃんほんとなんで弓に移動不可チャージつけたの……

  とりあえずキリトさんは見なかったけど1番新しいSAOっぽいネトゲでねえかなぁとは、二刀流は左手ナイフくらいしかないみたいだけど。

 

ThinkPad X60にUbuntuを導入した

 5年半ほど前に中古で購入したThinkPad X60をXPサポート切れたしなんとかしようと思ってちょっと前に部屋に転がっていたWindows7を入れたところ、64ビットは走るものの(おかげでRAMは3GB認識するようになった)常にファンが全力回転し、Chromeのタブ切り替えももたつき、メインマシンで使っているTweenを使おうと持ってきた時にX60には入れてなかった.NET Framework 4.0の導入にも手間取り、しまいには熱暴走して落ちた。「流石にこいつはもうダメだな」と思い、最近は新しいラップトップ、特に持ち運びが容易なモデルを探していた。

 5年以上使っていればそれなりに愛着も湧くし、何よりトラックポイントとキータッチはとても好みのマシンであった。 前々からSSD導入すべきかなあとかは考えてたんだけど、そこまでして無理に延命するための投資するくらいなら新しいマシン買うよねって感じ。買い替え候補としてはX1CarbonかX250あたりかなぁと思っていたが、最近のやらかしを見てるとちょっと避けるべきな気がする(というかトラックポイントあるのになんでタッチパッドあるんだよ外せよとホットモック見る度に言ってる)。Macも触ってみたい気持ちもあり、MBAやMBPも悪くないなぁと思う。WindowsならXPS13もよさげではある。レッツノートは高すぎる。Surface4もよさそうではある。自分の懐は暖かくないし、そのくせメインマシンを基準に考えるせいで要求スペックはそれなりに高くなりがち、身の程をわきまえろという感じだ。いつかは買い換えないとならないのだが、帰省している今とりあえずX60持ってきてるし、文章書いてブラウジングができて、Twitterできればとりあえずはいいか、iPhoneの見やすいが小さい画面とにらめっこし続け視力を削るのは嫌だし、第3世代iPadで入力のもたつきにイライラしたくない(iPadバンダイチャンネルやアマゾンで動画見るのは悪くないが、特性上1画面で同時に複数のことがやれないのが辛い)。

 というわけで食わず嫌いだったがUbuntuを導入することにした、Ubuntu自体へのこだわりはないが有名だったのと、実家にブートメディアが転がっていたからだ。もっと軽いディストーションもあるようでそちらを導入しようと思っていたが、とりあえずどんなものか触ってみみるべきだし、そもそも手元のマシンでOS落としてメディアを作成するのも面倒だ。人間楽するのが一番だと思うし、楽するために辛くない程度に頑張るのが健康的だ。導入への不安もあった。日本語入力、特に変換周りはここ数年すっかりGoogle IMEにどっぷりでその使用感からかけ離れると不便だ。iTunesを利用した音楽のDL購入や、mp3に変換してCreative ZENへの転送ができないのは困る。というかDL購入→転送をサブマシンでもできるようにしたいのがWindowsを使いたい理由なのだが、X60でまともに動かないんじゃしょうがないのだ。俺は追い込まれていた。

 外付けの光学ドライブにLive CDをぶち込んだ。そこからガコガコ読みまくってた時が一番時間がかかっていたように感じる。一旦起動し、とりあえずWindowsは消さずデュアルブートで突っ込む。全部日本語なのでさほど不便なくインストールし再起動。あんなに回りまくってたファンはすっかりおとなしくなり(ブラウザ立ち上げる時とかはちょっと回るが)動作もキビキビしてて特に不満がない。トラックポイントの追従性だって悪くないし、中クリックでのスクロールもちゃんと動く。家で遊ぶくらいなら十分だと感じる、どうせ古いマシンだし。デュアルブートにするのも初めてで、イマイチパーティションの切り方が微妙な感じなのだが、どうせこの感じだとWindowsに戻さないと思うので入れなおして切り直そうと思う。

 やること放り出して遊んでしまったが概ね満足しているし、やってよかったと思う。この文章のバランスが悪すぎるのは問題だが、ここ最近考えてたこともつけ加えたということで。
 とりあえずトラックポイントのキャップが削れてるので欲しい……前に買ったのどこでなくしたんだろう……

手のひらの露読みました

 

 面白かったし読みやすかったです!(超重要)

 まず私は重いと手が出ないとかつれえってなるので。

 

 イラストもあらすじもなんかこう女性向けかな? って感じに見えるんですけど、実際はサイバー要素結構多い感じで好みでした。

 というかそれならそうとそこプッシュしてくれよわかんねえよサイバー系とかそんなん俺が好きに決まってんじゃん! って感じです。いやまぁそこメインで宣伝しても敬遠されちゃうのかなとか思うんですけど。

 言うなればライトサイバー小説というか、日常にコンピュータ・インターネット描写を多めにした感じですね。マジあらすじに書いてよコレ……完全に私の中で損してるんですよ。別に黒背景に緑文字とかやりすぎなくてもいいから!

 

 そういやRHODIAの12番手元にあるなとか、仮面ライダーWとかいうもっと小説よりシナリオよりの小説に心当たりあるなとか思いました。アレの後半はマジで小説読んでる気しなかったもん……

 

 ともあれ帯がアレとかとか思う所ありますが、次巻も楽しみですね。